フラワーレメディ

フラワーレメディは「今の感情」で選ぶ

 

マイナスの感情は、さまざまです。

 

恐れと不安

現実に無関心

淋しさと孤独

失意と絶望

他人のことに気を使いすぎて疲れる

 

こんなマイナス感情は、日常的に誰しも湧き上がってがってくる感情です。

 

あたり前に突発的に感情はきます。

 

それを客観的に受け止められれば、感情に囚われて苦しむことも少なくなります。

 

しかし、自分でコントロールできないときには、バッチフラワーレメディというフラワーエッセンスも効果的です。

 

医薬品ではありませんが、心や感情に作用します。
太古の昔からハーブとして使われてきた歴史もあります。

 

ストレスを感じなならば、これ。

 

レスキューレメディを試してみました。

 

 

スプレータイプで、口の中に数回プッシュしてしばらく含ませるだけ。

 

成分は、5つのハーブのミックスタイプです。

 

スターオブベツレヘム : ショックの後に残る悪影響
チェリープラム : 感情をコントロールできない状態
ロックローズ : 強い恐怖やパニック
インパチェンス : 精神的ストレスおよび緊張
クレマチス : 意識がぼんやりしている状態

 

口に入れた味は、レモンのようなすっぱさがありました。
しかし、30秒くらいたつと、味は口の中にしみわたり、やさしく消えていきます。

 

特に強いストレスを感じているときでもなく、緊急事態でもなかったので、
1回目では、「ふーん」という感じ。絶対的な精神変容は感じませんでした・・。
しかし、2回、3回、4回目と、時間をおいて繰り返すうちに・・なんだか、ポジティブな気分に!

 

何かしら、定期的に強いストレスを感じておられる方は、少ない量でよいので、
2回、3回、4回目と継続することで精神安定の効果を感じるようです!

 

口の中でも、特に舌の裏、粘膜の薄いところに吹きかける方が効果的だと感じました。、

 

裏側の成分は以下の通りです。

 

 

名称:食品添加物/香料
原材料:グリセリン(植物性)(80%)水、インパチェンス、インパチェンス、チェリープラム、ロックローズ、クレマチス

 

マイナス感情から選ぶ、植物の名前

 

自分の感情は、自分しかわかりません。
抑えたい感情によって、効果がある植物があります。

 

38種類もあるレメディーの中から、選ぶのは大変です!

 

自分の感情からぴったりな1品を選ぶのが早道!

 

気になる方は、下の画像をクリックしてみてくださいね!

 

自分が気に入った植物があれば、お家で栽培してみるのもいいですね〜☆

 

ちなみに、お年寄りや赤ちゃん、ペットまで安心して使える天然の植物です。
直接口にたらすだけでなく、飲み物の中に入れたり・・。
飲む回数に制限はないようなので、今の感情が静まるまで実験してみましょう!

 

量より回数!

 

瞑想などをやられている方は、特に!!

 

 

効果的にするコツ

 

レメディの意味している感情をよく理解すると効果的です。
さらに、「ありがとう」と植物に感謝をしましょう!

 

疑い深い意識で飲んでも効果は半減してしまいます。

 

飲んでいる今、過去の経験から学んだことを生かすことができる!そうしたイメージをすることにより、

 

過去の苦しみも今のためにあった!と前向きにとらえるくせずけをすることができますよ〜☆

不眠症やうつに

セロトアルファ セントジョーンズワート ダグラス UPX

大麦発酵酵母や麹菌のパワーで脳内神経伝達物質を活性化。薬の副作用の心配もなく脳から鬱や不眠を改善!
セロトアルファ・詳細

セントジョーンズワートは、セイヨウオトギリソウともいわれ、昔からハッピーハーブとして鎮静剤として、うつ病や不眠症の改善のために使われてきました。
セントジョーンズワート・詳細

脳が安心感を感じるために必要なドーパミン生成の原材料となるアミノ酸を補給するサプリメント。
ダグラスのUPX・詳細